無料CT診断・ 明瞭料金・長期保証
東京池袋インプラントセンター > 歯周病とインプラント の関係

歯周病とインプラント の関係

歯周炎は天然歯牙だけでなく、インプラントにも起こります

歯周病のおもな原因は歯周病菌によるものと、噛み合わせの不調によるものに大別されます。
歯周炎は天然歯牙だけでなく、インプラントにも起こります(インプラント周囲炎と呼ばれます)。

歯周病は正しいブラッシング方法による日常管理に加え、どうしても付着してしまう汚れ(プラーク)や歯石を定期的に歯科医院で取り除いて、口腔内全体のかみ合わせを整える事により、その進行を抑制することが可能です。
しかし、歯周病が進行すると、歯やインプラント周囲の歯槽骨が吸収して痛み・腫れやグラグラする症状が出て、最終的には抜けてしまったり、抜かなくてはいけなくなってしまったりします。

たとえインプラント部位に問題が無い場合でも周囲の歯に上記の様な歯周病の症状や喪失などに伴い噛みあわせの不調があると、それを補おうとしてインプラントに無理な力がかかってしまい、インプラント周囲炎を引き起こしてしまいます。

日常のセルフケアに加え、定期的な術後のメンテナンスに含まれる口腔内のクリーニングや噛み合わせのチェック・調整により必ず残存歯牙を含めインプラントが長持ちします。定期的にメンテナンスをお受けになることを強くおすすめします。