無料CT診断・ 明瞭料金・長期保証
東京池袋インプラントセンター > 無痛インプラント

無痛インプラント

出来る限り痛くない手術を行っております。

治療風景 東京池袋インプラントセンターでは、歯科業界で一番細い針を使用して麻酔を行い、出来る限り痛くない手術を行っております。
インプラントは手術なので、当然麻酔下での処置となります。
麻酔法は一般的な歯科治療で用いる局所麻酔で行いますが、その麻酔効果が得られなければ、手術は大変苦痛になり、インプラント手術自体が今後のトラウマになってしまいます。
東京池袋インプラントセンターの麻酔はまず予備麻酔として歯科ではあまり使われていない「麻酔テープ」を歯茎に貼付します。
その後、歯科業界で一番細い針を使用して、適温を保った麻酔液を数回に分け、注入します。
場合によっては「特殊な麻酔注入器」を用いる等、無痛麻酔による無痛インプラントを実践しております。また、先制鎮痛といって、「痛みの原因となる刺激が加わる前に鎮痛剤(痛み止め)を投与すると術前投与無しの場合と比べ術後の痛みが少なくなる」というガイドラインに基づき、術前に予め痛み止めを服用していただく事により、術後の痛みを抑える配慮をしています。
 
注射器 さらに手術中、バイタルサインをモニターする、生態管理モニターを装着していただくことでより安全、安心して治療を受けていただけます。補足としてですが、ケースによってはインプラント手術時間が長くかかる場合があります。
当院のオペ室診療台には従来の診療台よりも人間工学に基づき、背中部分に厚みとクッション性を持たせたものを採用しています。
術後の体の疲れに対する配慮も無痛インプラント治療に含まれていると、考えています。
 

麻酔医による痛くないインプラント治療

歯科麻酔専門医 櫻井誠

麻酔医として少しでも患者様の精神的負担を軽減できる様努めます。宜しくお願いいたします。
インプラント治療を受けたい、でも、手術、麻酔と聞くだけで足が遠のいてしまう方、痛みや音、治療時間が気になってしまう方、 高血圧症や狭心症などの全身状態が気がかり な方、お口の中を触られると吐き気がしてしまう 方、そんな方にお勧めしています。

歯科麻酔専門医
櫻井誠 Makoto Sakurai