無料CT診断・ 明瞭料金・長期保証
東京池袋インプラントセンター > 歯科用CTでの確実な検査

歯科用CTでの確実な検査

歯科用CT検査を行わないインプラント手術ほど怖いものは御座いません。

インプラントに必要な機械 インプラントを埋入する顎の骨の中にはさまざまな血管や神経、空洞部分が存在します。これらを損傷することにより、出血や麻痺などの事故や後遺症を誘発するため、細心の注意が必要となります。
ある程度はレントゲン診査により把握できますが、平面的な画像になってしまうため、骨の厚みや組織間の正確な距離を知ることが困難になります。
歯科用CTとは、通常のレントゲン診査では把握することが困難な、これらの組織を立体的に(3D)正確に描写するための「3次元高度診断装置」です。
歯科用CTを用いることにより、高い確率で医療事故を未然に防ぎ、またインプラントシミュレーション・ソフトとの併用により、適切な位置へのインプラント埋入が可能になります。
今日のインプラント治療においてCT診査をせず行うことは「海図を持たず航海に出る」ことと同じと言われています。
なお、当院でインプラント手術をお受けになる患者様においてはCTによる撮影・診断をすべて無料で行っております。
歯科用CT診断により予知性を高め安全性の高い手術を、患者様に提供いたします。
 
歯科用CTにより、小さな病変を発見することや、今まで経験からしか判断が付きにくかった厚みや奥行き、神経との距離感などを把握できるようになり、インプラントを埋入する角度等、精度を高めることが可能となりました。
より安全で正確性の高い治療を行うことが可能となったと言えます。
インプラント構成図 インプラント治療を受ける歯科医院を選ぶうえで、CT撮影・診断を導入しているかは、ひとつの判断基準と言えるでしょう。
最新のコンピュータ技術を用いて、事前にインプラント治療のシュミレーションを行うことは成功率を高めると同時に、治療の短期化を実現できる点もメリットです。
より正確で安全なインプラント治療を行う上でも、今後CTスキャンはなくてはならないシステムとして認知されてくるものと思われます。